サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイのゲの字はどうカクのこうしてこうしてこうカクの

img720.jpg


林家たい平師匠

やはり、扇子を入れるとソレっぽくなります。

シリーズでお送りしております
笑点大喜利メンバー消しハンも
この方にて、勢ぞろい。
でも、まだ少し続きます。

いましばらくのご辛抱、を<(_ _)>


東京の寄席というと

浅草演芸ホール、池袋演芸場、新宿末広亭、鈴本演芸場

の4軒が、落語の定席ですが
猫田が昔から馴染みなのは、新宿末広亭です。

世界に名だたるゲイタウン新宿2丁目の手前にある
老舗の寄席ですね。

当然この辺りでは、落語家・漫才師などの演者さんに
遭遇するコトも多く
誕生日芸人林家ペーさんが
駅へと続く地下道を歩いて行くのを見かけたコトもあります。

アフロヘアにど!ピンク背広という
テレビ通りのお姿を拝見し

ああ、アレは普段着だったのか

と思うと同時に

アレで全く目立たないというのも、ひとつの芸だなぁ

と感心いたしました。
完全に、オーラ、というか気配すらなかった。

ドラマ『タイガー&ドラゴン』以来
若い衆の落語ファンが増え
土・日・祝ともなると、立ち見が出るほどの賑わいですが
以前は毎年

「末広亭、潰れるらしいよ」

と噂が流れるほどの、閑古鳥。

子供のコロのコトなので、記憶違いがあるかもしれませんが
末広亭は確か、客が7人以下だと
その日は閉めてしまう。
逆にいうと
客が7人だと、開演してしまう。

この、7人ピッタリの客の1人になってしまったコトがあります。

全館300席強。

人間とは不思議なモノで
そんだけ空いてんだから、見やすい席に陣取ればいーモノを
カクカクが、端っこの席にちんまり座る。

すると、その日のオオトリ
(平たくいうとその日の演者の中で一番偉い人)
が舞台へ出て来て

「ハイ、そこのアナタ、この席にお座んなさい。
アッチで小さくなってるアナタ
アナタはココにお座んなさい」

と、客に向って座席指定。

末広亭の定席は、大体3時間~4時間半
20人ほどの演者が15分きざみで出てくるのですが
その間ずっと、落語家・漫才師たちのど真ん前の席
完全1対1のガチンコ勝負状態で
舞台上から、直接語りかけられる。

いまとなっては贅沢なのですが
辛かった。
寄席に来ているのに

笑いドコロを逃してはならぬ
客として、キッチリ仕事をせねば!

と、気を使う。
ガチ稽古をつけられている弟子の気分を味わえました。


P3281381.jpg


新宿末広亭は、昼・夜の部入替えナシ。
つまり、その気になりゃ
昼の部開始12時から、夜の部終了21時までの、9時間
ぶっ通しで観るコトができます。
猫田はその気になったコトありませんが。

お得な娯楽、芸の世界を楽しめる、新宿末広亭。
1分歩けば、ゲイの世界もカモンなう。

ケーケンのない方
おいでませ、新たなワールド。


ゲイワールドは開拓していーモノかソコら辺は自己判断で
人間ナンでも経験ですたぶんなくていい経験もありますが
てなワケで猫田のお客様本日もヨウコソのお運び感謝デス
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ランキング参加中デス
スポンサーサイト

Top|Next »

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。