サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆が落ちる音

節分は
とっくの昔に過ぎましたが
でも
節分、ネタ、です。

近年、東京のコンビニでも
恵方巻きなるモノが売り出され
節分ともなると
喉を詰まらせながら米を食う習わしが広まりましたが
アレは、関西ネタなので
猫田には、馴染みがありません。
とはいえ

鬼の面をつけて逃げ惑う人々

というのも、馴染みがありません。

節分というと

ばーさまが豆を炒り
じーさまが升に豆を盛り、おもむろに和服を纏い

まずは家の中で

「鬼はーそとー」

すると、猫田と弟が
きゃいきゃい言いながらその後を追い

「「おにはぁぁぁそとぉぉぉ」」

「福はーうちー」

「「ふくはぁぁぁうちぃぃぃ」」

その後、家の前にある小さなお稲荷さまへ

「鬼はーそとー」

「「おにはぁぁぁそとぉぉぉ」」

「福はーうちー」

「「ふくはぁぁぁうちぃぃぃ」」

このお稲荷さまは
住宅地の中に、ポツン、とあり
その後ろの木は、枝が複雑にわかれ、中に空洞が出来ている。
秘密基地としてよく、遊ばせて頂きました。
由来などは、知りません。

お稲荷さまへ行ったあとは
家じゅうに散らばった豆を拾い集め
自分の年の数だけ、食べます。

炒ったダケで、塩味もナンもついていない、大豆。
美味しかったのかどうかは覚えていないのデスが
楽しかったのは
覚えています。

自分が食べる豆の数は
どんどんと、増え
その、豆を食べるコトを忘れるようになり
そして

豆をまいた祖父は亡くなり
豆を炒った祖母も亡くなり
家を出た猫田は節分を忘れ
家に残った弟は、きっと彼の子供と豆をまく。

お稲荷さまがまだ、同じ場所にあるのを確認すると
ホッとする。

独りだとナニかと忘れがちになりますが
繋ぐ人がいるというは
やはり、ナンというか、ホッとします。


img940.jpg


節分の日に書こうと思っていたのデス
がなんとなく書けなかったのでははは
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ランキング参加中デス
スポンサーサイト

« 流行りモノに弱いのデス|Top|ゲイは身をタスク »

コメント

節分

猫田さん、おひさです。なかなか昭和な風景が目に浮かぶ子供時代ですね。なんだかワビサビ。

私は猫田さんよりどっぷり昭和ですが、子供時代は寿司キライ、イワシキライで節分は苦痛でした。

節分といえば思い出す…。
次女が2年生の頃、「心に住む鬼をやっつけよう」をテーマに塗り絵をした鬼の絵に一言書いたものが教室に貼ってありました。

「弱い心」や「いじわるな気持ち」と書かれたクラスメートの絵の中、うちの娘は教科書の偉人に落書きをするかのごとく、頭にはたんこぶ、鼻からは鼻水・鼻血、口の中は虫歯、おまけにヨダレ、目からは涙…と足せるものは足せるだけ書き込んでありました。

肝心のやっつけたい心の鬼は書いてありませんでしたが…どう考えても邪心だらけ(笑)

それに比べれば猫田さんの鬼はめちゃくちゃカワユスです。

ははは・・・

鬼の絵も記事も~・・

だっ、だいすき!

ヒトを信じられなくなったら。。。
ここに来ればいい。。。って。。

ぼ~いっちゃんって。。
自分の娘の年齢なのに。。。。

お教えされちゃう。。すごい♀!!!!

尊敬。。。

とーい様
どもどもデス。
ウチはじじばばと一緒に暮らしてたモンで
しかもじーさまが頑固一番だったモンで、結構昭和でした。
ちゃぶ台とかありました。
わびわび。

あー、ワタシも子供時代、寿司キライでしたぁ。
節分には、寿司出ませんでしたが。
イワシの頭を枝にぶっ刺すのを見るのは、好きでした。

次女さま、あいかわらず良い感じデス。
身体の中にあるいやなモンを
出せるダケ出そうとなさったのですね。
小学2年生にして、デトックス。藤原紀香もびっくりデス。

邪心、邪心は意外に大事です。
猫田は、完全に邪心から消しハン彫ってます。
鬼はやっつけ仕事感が満載ですが。ははは。

G1様
大好き言われたのは、とても嬉しいのですが
ヒトを信じられなくなったら、て。
ててて
そ、そげにたいそーなモノで、ででで、は。
でもまあ、G1様に好かれたんなら、いっか。

娘さま、お幾つでしたっけ?
って、わからないですよぉ。
実は猫田、もうすぐ還暦を迎えるコロかも。
だったら逆にヤバいな。うん、ヤバい。


節分が誕生日なんですが、すっかり豆まきを忘れてました。
大豆は山ほど買ってあるのに。。。
でも、流石に今となってはトシの数の豆は食べられないっすね。。。トホホ。

自分が歳をとって忘れただけかもしれないけど、
節分の思い出が無いのよね~。

思い出す光景がある猫田さんがうらやましいです。

炒り大豆、美味しいですよ。大好きです。
一年中、食べてます。
安いしカロリー低そうだしイソフラボンが身体によさそうだし♪

豆まき・・・。

よき思い出。
伝統・文化が脈々と受け継がれていく様子がなんとも切ない・・・。(*'▽')
日本っていいなぁ・・・(和風総本家の気分です)

今年は娘が先頭をきって息子たちも 父に豆をぶつけていました。
今までにない光景に 子どもの成長 旦那の変貌を感じました。( *´艸`)

許可をいただきにきました

ブログ楽しく拝読しております
27日に神戸へ行った際、元町を彷徨い福芳商店へ行きました
猫田さんの“喧嘩上等変゜銀”&“猫ショッカー”を購入
浮かれ気分をブログへ掲載していいか許可をしていただきたく候

ふぅみん:D様

というワケで、本日は節分です。
お誕生日おめでとうございます。
いやー、豆まきなんて、家を出てからやったコトありません。
つーか、豆を買ったコトがありません。
買うダケ素晴らしいと思います。
時というのは廻るモノです。
なので、誕生日がくるたび廻りに廻って
ふぅみん:D様は、きっと毎年二十歳です。うんうん。

chihaco様

いそふらぼんってな、良いですよね。
ナニが良いのか、いまひとつ分かっていないトコロがあるのですが
まあナンダカいいだろう、と。
炒り豆をいつも食してらっさるとは、素晴らしい。
確かに、腹にたまるしへるしー。
頭が良くてらっさる。素晴らしい。
猫田も食べてみます。

アンパンウーマン様

ええ、柴わんこが唐草風呂敷をしょって歩く気分です。
そーですかぁ。
おとーさまに豆をぶつける。
それはまた、サザエさん的日本の正しい光景です。
って、アレ。
いままでは誰が鬼役だったですか?

ないちマム様

えっ!!
福芳商店で猫田消しハンをご購入!!!!!
ウッ
ウウッ
ウウウウウウッ
嬉しいデス感激デス感動デス((o(;△;)o))
感動のワリに、レスポンスの遅い猫田でごめんなサイ。
ないちマム様が手にしたハンコは、ないちマム様のモノです。
ブログ掲載だろうが舐めようが踏もうが
なんなり、と。
あー、感動デス。
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/1163-bdb61d11

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。