サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレブでごー

スタカニin大阪で、猫田に目をかけてクダサッタ方々様
まことにもって

ありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

えっ、今更ナンだって?
いや~、全体的なお礼はまだだったと気づきまして。ずびばぜん。
お詫びとお礼をかね、とっておきの写真を、ドゾ。


150.jpg


京都タワーとキューピー。

タワーが曲がって見えるトコロがとっておきデス。


スタカニ終了し、翌日も大阪は肌寒く雨。
そんな中、前日に飲んだメンバーと、遠足してきました。

まずは、大阪から京都へ移動デス。
乗った電車は京阪電鉄、だった、よな
は、2階建て電車なのに、特急料金ナシ。凄い。
この辺りから、お脳がワキワキしだす猫田。


040-1.jpg


京都四條 南座。
歌舞伎をやるトコロですが
毎年1回一般ピープルに

『春の特別舞台体験(¥1000・予約制)』

をさせてくれるそうデス。

ワキワキ

案内役が1人付くのデスが、我々の時は


068.jpg


サザエさん。髪型が、サザエさん。完全に狙っていた。
サザエさん案内お上手だった。さすがはサザエさんだ。


043-1.jpg


まずは、シャランと音を高らかに鳴らし(カーテンレールが鳴る)
『花道』から入場デス。


049-1.jpg


舞台の上には色々な溝があり、それぞれ円形や四角になっている。
一番大きな○の中に入ると、ぐーるぐる廻るよ、『回り舞台』。

前方長方形の中に入ると、どんどん下がるよ
後方長方形の中に入ると、どんどん上がるよ、コレが『迫り』。


059.jpg


下がる方も面白かったデスが
上がる方が驚きました。
180cm程せり上がり、思ってた以上に高い。頭が高い。
しかも、狭い。

よくこんなトコで
あんな重そげな衣装をつけて踊れるモンだ、スゲェ。
と、感服仕りました。
実際、ちょっと怖いデス。

歌舞伎体験ラストは、歌舞伎の始祖出雲阿国の、ののの
踊りの、ののの
のの、の?
なんだっケ。とにかく踊りのナントカなシーンを模して

緞帳が下ろされ、楽が鳴る。
緞帳が上がると、19時以降の田舎のように真っ暗な会場から
一気に照明があてられる。


072.jpg


胸がザワワと鳴りました。
いえ、小木サンの義理のお母さんの方ではありません。

体験はココで終了。所用時間は20分。
この後各自、同時開催の歌舞伎ミュージアムにて
籠などに乗ってみたり


091.jpg


イノシシ愛らしいが
想定外に作りがぞんざいなのに、驚いてみたりしましょう。

この後はランチのご予定、らしい。
ランチの場所は、同行の人が決めました。
猫田は、みんなの後をついて歩ってるダケです。


113.jpg
スミマセン。コレ↑猫田です。


先斗町は鴨川沿いの料亭で


104.jpg


シャンパン!

昼飯に、シャンパン!
 昼から、シャンパン!
  なんだか、シャンパン!
   シャンパンシャンパンシャンパンシャンパンシャンパンシャンパン
    シャンパンシャンパンシャンパンシャンパンシャンパンシャンパン


パンシャン! あれ。

大人だ。大人過ぎる。関西人恐るべし。
あ、大人と関西人は関係ナイか。ナイな。

猫田史上、稀に見るセレブっぷり。
ていうか、猫田ダケだったらきっと頼まない。
もちろん、割り勘ですシャンパン。大人だから。
この日のコトは、冥途の土産にしようと決めました。


105.jpg


シャンパン美しい。


107.jpg


シャンパンと名物の湯葉雑炊、美しい。


108.jpg


シャンパンと竹の子の刺身、美しい。


109.jpg


シャンパンと、ってもうイイですか。しつこいですか。
いやぁ、こんな機会2度とナイかもしんないし。

お値段なのですが、昼の定食1,800円。
プラスプラスで、高円寺の『四文屋』で飲み食いし
その後『博多屋』へ寄った位の値段デス。
って、わかりませんね。


115.jpg


料亭 きた山本店
自動販売機が木目調なのは、周囲の雰囲気を壊さないタメ。

場所を考えると、安いと思います。
だって、アレです。鴨川納涼床処、です。
ほら、アレ。
夏に鴨川の上に床を出して緋毛氈に座りシモジモを眺めるお大尽
みたいな、アレ。アレ?合ってマスよね。

しかし女将さんは、同行の大人な大阪人いわく

コレぞ京都人という京都人な匂いがした。
きっと、隣の部屋には箒が逆さに立てかけてある。

とのコトなので、一見さんお断りかもご用心。

それにしても、先斗町。
風情のある町です。


116.jpg


ああ風情。

この後、南座方向へ戻り歩きつつ、同行者が

「この先に、辻利があるよ」

キラーン☆

「ハイッ! 猫田、辻利行きたいです!!」

「行きたいってー」

行ってみたらば、凄い行列。そこらで異彩を放ってました。
そっこーで踵を返すが、諦めきれナイ。

「猫田、抹茶的なパフェが食べたいです!」

「じゃあ、あそこにしよっか」

どこダロウ。

118.jpg


ココでした。

甘味処 祇園小森

窓の外に広がる
なんちゃって舞子さんを写真に撮る外国人観光客
を眺めながら


120.jpg


桜パフェを食べました。ウマかった。850円。

店を出て、そぞろ歩くと

「あ、ココ、一銭洋食の店。有名」

「ハイッ! 猫田、食べたいです!!」

「食べたいってー」


133.jpg


お好み焼きのようだかお好み焼きじゃナイ。
箸を入れると、半熟玉子がトロ~リ溢れます。
そしてネギが山盛り入っています。
飯、というよりおやつですね。

料亭の飯よりウマかったかもしれん。
いやもちろん、料亭の飯は素晴らしかったのですがシャンパン
なんつっても、舌が由緒正しい庶民なモンで
チープで濃ゆい、ソース味がなんとも言えない。古里へ戻った感じデス。


129.jpg


昔懐かしザッパな店に見えて


132.jpg


宮内庁御用達。

でも、200円で買える
男と女のエロいマッチがあった。エロいマッチがあった。あった。あった。

奢って貰っちゃったので
値段覚えてません。先輩、ご馳走様でした!

食ってる時、1人が

「なんかウチら、食べ過ぎじゃない」

ハッ、気づかれた。

コレにて、遠足終了。
みなさまありがとうございました。
楽しく連れ回されました。

でも、東京に戻ったら当分お粥と梅干で生きて行こうと思います。
ぜ、ぜ、贅肉も問題だが、ぜ、ぜ、ぜ、銭が・・。

お家に着くまでが遠足です、が鉄則ですが
猫田の遠足はまだ続く。

またしても長くなったので
続きは次回。


次回は消しハン彫ります
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ランキング参加中デス
スポンサーサイト

« 猫田とケモノの巣の1日|Top|スタカニ2日目後半戦 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/1208-d8b1d6bd

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。