サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあった怖くない話5

うすらとぼけて日々送るうち、秋の気配に襲われました。
流しそーめんで始まり、流しそーめんに終わりそうな私の夏
夏の名残りを惜しみ、久々に、でしたっけ? 忘れました
怖くない話なんぞ。

▽そういうモン

夏のある夕方の話です。

いつだったか思い出せないほどの子供な私
家のばーさまと、近所を歩いておりました。
スイカ持ってたと思います。

自宅より徒歩1分の墓場の横にさしかかった、その時
フラフラ~、と空中を漂うモノが、しっかり目に入りました。

ひ・ひ・ひ・人魂だーーーーー( ̄□||||!!

夕闇に青白くウッスラ光るもやもやしたモノが
墓場上空をフラフ~ラ。

恐怖に固まる私に、ばーさまは一言

「夏だから飛ぶんだよ」

!?

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

あ、そーなんだ。

以来、人魂は、夏の風物詩として
私の中で認識されました。


蚊と同じ扱いの人魂。刺さないだけ蚊よりマシ
見たコトある人もない人もフラフラとクリックを~
スポンサーサイト

« 本当にあった怖くない話6|Top|仮面ライダー勢ぞろい、でもないです »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ええぇ~!

夏は湿気が多めやから人魂飛んでも火事にならんみたいな事ですかね?
俺ぁ見たことないな~。
夏の風物詩なんですか・・・・
そう言われると怖いモノって認識が薄れますね♪

夏につきモノです(断言)

人魂で火事! それは大事です。笑えます。
「猫田さんち、人魂で全焼したらしいわよ~」  
「ま~怖い、ウチも気をつけないと~」
みたいな。
そう、全く怖くありません。
その後見かけても、あー飛んでるー早く帰んなきゃー
ってなモンでしたヘ(・・ヘ)。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/164-5ff4dd64

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。