サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にあった怖くない話6

20号の青い鷹あたりに書きましたが
以前、バイクに乗っておりました。
一部(走り屋方面)で人気だったRZ250R。
中古屋で購入したのですが
店のにーちゃんが、頼みもしないのになんか喜び夜なべして改造しまくり。
マフラー変えてテーピングまでして頂いて
すっかり一部の人(走り屋)仕様。
全開バリバリ走り出したら止まらないゼ行く先も分らないまま暗い帳の中
いやホント、国道16号で勝負を挑まれ
泣きながら突っ走り、アレ、ここは誰? 私はどこ? 
なコト複数回。行き先が見えない毎日でした。

▽青ちゃん

その中古屋は比較的大きな会社なので
社員寮がございました。
寮の中には、新入社員が必ずあてがわれる部屋がひとつ。
そう、出る部屋なのです。
麻雀やら飲み会やらお茶会やらなどで
その部屋に数名集まり賑やかにしていると
出るらしいのです。

「なんか、寒くねー」
「俺、頭痛くなってきた」
「あー、出たんじゃね」

という程度ですむコトもあるそうですが
見えるコトも多い。 

うす青くぼんやりと背景が透けたお姿
背広を着た、中年男性だそうです。

バイク中古屋社員の幽霊対処法は
モノを投げる、です。
出るとウザイので、そこらにあるモノを投げつける。
するとその中年幽霊は、哀しげに消えていくのだそうです。

みんなは、彼を『青ちゃん』と呼び

「絶対、リストラサラリーマンだよなー」
「なんか情けないもんなー」

と、親しんでいました。

とある夜、いつもの如く集まり騒いでいたら
青ちゃんが、子供の幽霊を連れて来たそうです。
それを見たバイク中古屋社員たちは

「青ちゃん、友達出来たんだー」
「良かったなー」

と言いながら、モノを投げつけたそうです。


モノゴトを深く考えない人達です ~ヘ( ̄ー ̄ヘ)~
あなたの応援一押しで出るかも何がってQPかな
スポンサーサイト

« 来ちゃった|Top|本当にあった怖くない話5 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クールですね♪

物を投げつけるって♪
リアルにうっとうしいおっさんをあしらうかのような対応で♪
それでどーにかなっちゃう所がすげぇ♪

クールですか(=⌒▽⌒=)

クールと言って頂けるとなんか格好良いですが
単に、色々考えない人達なだけです。
出る方も出る場所選ぼうよって感じですねヾ(- -;)
出る甲斐がないっつーか。

そうっすよね!

あぁ~♪
確かに出るかいがないわ~♪
霊として悲しいですね。
プレミア感がまったくない♪

プレミア感≧(´▽`)≦

いいですね! プレミアな幽霊。
4年に1度しかデて来ない、とか。
なんがしか理由があってデるのだから
やっぱり、怖がらせたいですよね~♪
存在価値がない。アレッ、そもそも存在してない?
アレッ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/168-0500ef74

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。