サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は明るいか?

友人とお酒などたしなんでおりましたら
駅前に点在する占い師さんたちが目に入りました。

これまで気づきませんでしたが、沢山います。

行列が出来ている人もいます。

その風貌も
普通のサラリーマン風占い師から、山伏風の人まで様々です。


流行り?
流行りなの?
路上占いって流行り?

時流には乗らねばなりません。

我々の未来をレッツ診断だー!
と、友人と共に、適当に選んだ占い師さんの前に座りました。

未来を占ってもらう筈が、その人は前世占い師。

生年月日から過去が分かるんだそうです。
なぜやらその理屈は分かりません。
PCにデータを入力して占うあたりが、現代的な感じ
1分後、ワタクシの前世が明らかに

『江戸時代の大工に飼われていた、黒くてデカイ犬』

だそうです。

・・・どういう感想を持てばよいのか不明です。
しかも、なんか変な詳細設定付きだし。

ちなみに友人は

『中世ヨーロッパの領主の家にあった高価なツボ』

でした。
私はまがりなりにも哺乳類でしたが、友人は無機物です。

黒い犬とツボ両名には、なんとはなしの未消化感が残りました。
ヨシ、レッツリベンジ! です。

やはり適当に選んだ占い師の前に座り

「お願いしまーす」

銀縁メガネをかけた女性占い師は、ジロリとこちらを舐めつけ言いました。

「あなたは地味ですね」

それは、見た目の問題です。
占いではありません。

よくよく見れば、占い師のヒザの上に、占いの本が。

カンニング!?

黒い犬は吠え出し、占い師と喧嘩を始めました。
ツボは後ろで笑っています。

黒い犬は、お酒はほどほどにしようと思いました。



明るい未来を迎えるためには
あなた様の愛が必要だワン

スポンサーサイト

« 本当にあった怖くない話3|Top|本当にあった怖くない話2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/58-5888ffae

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。