サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前というもの

■なにゆえ〝ネコ〟なのか

nikukyuu.jpg
にくきゅー

以前書きましたが
母猫と兄弟猫が去ったのち
我が家に1人で出入りするようになったネコが
私自身に馴染むまでには、少々時間がかかりました。

私はエサをやらなかった訳ですから
どこかで誰かに何かを貰っていたのは間違いありません。
つまりその時点では
どこかで飼われている可能性があると思っていたのです。

加えて、以前考えナシにアキラを貰って来てしまった時の失敗を踏まえ
もう猫を飼ったりしないぞ、と決意していたこともあり

『名前をつけて呼んだら、愛着が湧いてしまう』

それはマズイ、と考えておりました。
ペット厳禁の賃貸アパートを借りているのですから、当然なのですが。


▽自分を騙してみる

しかし、初回に書いたような経緯で
とうとう私はペットフードを購入してしまい
ネコの方も、当然のような顔をして
朝な昼な夕な我が家で食事をしていきます。

こうなると、名前が必要な気がします。
が、コトここに至ってもなお、私は無駄な抵抗を続けていました。

『飼ってはいない』
『ただの猫立ち寄り所になっているだけ』
『野良に家の中でエサをあげているだけ』

かなり怪しいです。これを詭弁と言います。
加えて

『名前をつけたら、私の猫になってしまう』

そこでつけた名前が、〝ネコ〟なのです。

言わば、普通名詞のフリをした固有名詞。
これなら飼っている感が薄れ、自分に対して言い訳が出来る。
そういう理屈です。

取敢えず猫はネコになりました。
それから1年過ぎ2年過ぎ、3、4、5年・・・

腹をくくりました。

『私はネコを飼っています』

ネコはネコのまま我が家に居て
ネコのままずっと私と居るつもりです。



おもしろいかもーかなーなー
と思われた心優しいそこの方
押して頂くと猫田小躍りです
スポンサーサイト

« オバチャン|Top|グレ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/7-55da7268

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。