サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイのゲの字はどうカクのこうしてこうしてこうカクの

img720.jpg


林家たい平師匠

やはり、扇子を入れるとソレっぽくなります。

シリーズでお送りしております
笑点大喜利メンバー消しハンも
この方にて、勢ぞろい。
でも、まだ少し続きます。

いましばらくのご辛抱、を<(_ _)>


東京の寄席というと

浅草演芸ホール、池袋演芸場、新宿末広亭、鈴本演芸場

の4軒が、落語の定席ですが
猫田が昔から馴染みなのは、新宿末広亭です。

世界に名だたるゲイタウン新宿2丁目の手前にある
老舗の寄席ですね。

当然この辺りでは、落語家・漫才師などの演者さんに
遭遇するコトも多く
誕生日芸人林家ペーさんが
駅へと続く地下道を歩いて行くのを見かけたコトもあります。

アフロヘアにど!ピンク背広という
テレビ通りのお姿を拝見し

ああ、アレは普段着だったのか

と思うと同時に

アレで全く目立たないというのも、ひとつの芸だなぁ

と感心いたしました。
完全に、オーラ、というか気配すらなかった。

ドラマ『タイガー&ドラゴン』以来
若い衆の落語ファンが増え
土・日・祝ともなると、立ち見が出るほどの賑わいですが
以前は毎年

「末広亭、潰れるらしいよ」

と噂が流れるほどの、閑古鳥。

子供のコロのコトなので、記憶違いがあるかもしれませんが
末広亭は確か、客が7人以下だと
その日は閉めてしまう。
逆にいうと
客が7人だと、開演してしまう。

この、7人ピッタリの客の1人になってしまったコトがあります。

全館300席強。

人間とは不思議なモノで
そんだけ空いてんだから、見やすい席に陣取ればいーモノを
カクカクが、端っこの席にちんまり座る。

すると、その日のオオトリ
(平たくいうとその日の演者の中で一番偉い人)
が舞台へ出て来て

「ハイ、そこのアナタ、この席にお座んなさい。
アッチで小さくなってるアナタ
アナタはココにお座んなさい」

と、客に向って座席指定。

末広亭の定席は、大体3時間~4時間半
20人ほどの演者が15分きざみで出てくるのですが
その間ずっと、落語家・漫才師たちのど真ん前の席
完全1対1のガチンコ勝負状態で
舞台上から、直接語りかけられる。

いまとなっては贅沢なのですが
辛かった。
寄席に来ているのに

笑いドコロを逃してはならぬ
客として、キッチリ仕事をせねば!

と、気を使う。
ガチ稽古をつけられている弟子の気分を味わえました。


P3281381.jpg


新宿末広亭は、昼・夜の部入替えナシ。
つまり、その気になりゃ
昼の部開始12時から、夜の部終了21時までの、9時間
ぶっ通しで観るコトができます。
猫田はその気になったコトありませんが。

お得な娯楽、芸の世界を楽しめる、新宿末広亭。
1分歩けば、ゲイの世界もカモンなう。

ケーケンのない方
おいでませ、新たなワールド。


ゲイワールドは開拓していーモノかソコら辺は自己判断で
人間ナンでも経験ですたぶんなくていい経験もありますが
てなワケで猫田のお客様本日もヨウコソのお運び感謝デス
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
ランキング参加中デス
スポンサーサイト

« ウチのじーさまの匂いが加齢臭と知ったのは最近です|Top|神様は見守り見つめシャツをイン »

コメント

お久しぶりでございます。お久しぶりに拝見してみたら落語消しハンですか、さすがです師匠。。。猫田ワールドにどっぷりはまってもう二度と抜け出せなくなりそうです。
私の以前勤めていた会社の直属の上司はゲ・イでした。いわゆるおねぇ系の方ではなく、単純に恋愛対象がオ・ト・コなゲ・イで…よく2丁目のゲイバーに連れて行ってもらいました。今思えばすごく貴重な経験だったなぁ、と…ちなみに女子でも入っていい店と、冷やかし御免の本気の店があるので、もし行かれる場合は綿密な下調べをした上で探検されることをお勧めします。

猫田さん~ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

数年前に桂三枝の独演会があって(我が街)一番前の真ん中という最高の席で聞くことが出来ました。
会場は満員御礼~
古典落語ではなく、創作落語で、お腹がよじれるほど笑っちゃいました。
人間大笑いするとストレス発散するのがわかっちゃいました。
帰りはめちゃハッピーだった気がします。

猫田さんのお客さん数人の寄席って、マジ怖い・・
へんなところで笑えないし、ガチンコ勝負のような緊迫感があったでしょうね~(^。^;)
でも楽しそう・・・・・

近くに寄席があったら行っていただろうなぁ~って思うσ(-_-)ワタシでした~

末広亭の七人…なんだか映画にでもなりそうな感じですねw
スッゴい贅沢ですが、一人抜けたら寄席が開かない分
その日一日は七人は運命共同体って感じですねw

___[壁]・ω・`)ノ !__

>笑いドコロを逃してはならぬ
>客として、キッチリ仕事をせねば!

■”臨場感”がある表現で、笑って仕舞いましたョ。

・サービス(お金を払っているのに…)を、ウケる側が緊張して

 …と思いましまが、ソコに喰い付いたなんか私は変ですか?

_(A;´・ω・)フキフキ。o0(笑いどころを外してはならぬ~~)_

■現代の笑いもけして嫌いではありませんが、和服を着てその

 独特の「場」から生まれる日本の文化は絶やすこと無く継承

 して欲しいですネ!

・それにしても…、

>「ハイ、そこのアナタ、この席にお座んなさい。
  。アッチで小さくなってるアナタ
>アナタはココにお座んなさい」

>と、客に向って座席指定。

…は、「吉本新喜劇」でも無い規則?ですが…、

 まさしく{♪俺の、俺の、話を聞けぇぇぇぇ~♪}状態ですネ!

 __(´・ω・`)プ・・・__

■それでは、また…。

■『VENUS28』ブログ管理人より __、.,φ(´・ω・`)ポキッ …。

※「ネ兄!」…ランキング三位継続!!…

・いつも訪問有難う御座います。

 「猫田さん」がコメントしてくらた時は、その場の”雰囲気”が

 イッキに和んでとても嬉しかったです。独特の言い回しや、

 惜しみなく繰り広げられる「猫田ワールド」は、やはり

 他の追従を許さない”オーラ”を発しています。

 (いつも空気までを読んでくれて感謝しています)

 この場をお借りして御礼申し上げます。「ありがとう!」

 __<END>__ …(´・ω・`)(´-ω-`))ぺこり…

QLICO様
お久しぶりでございます。
実はワタシも、こないだ久し振りに訪問させて頂いたトコロです。
QLICO様のトコへ。
相変わらずオサレさんだなぁ~などと思いながら
拝見させて頂いて、読み逃げスンマセン。
上司がゲイとは、ステキです。
ゲイ上司。
なんか、強そうです。
猫田の友人にも、オネェ系ではないゲイがおりまして
ゲイ友。
ゲイ友だと強くなさそうですが
ノンケNGなバーへ連れて行って貰ったコトあります。
貴重な体験デスよねー。
あの人たち面白いですが
こっちもかなり気合入れて
テンションMAXに持って行く必要があるのが、難点ですな。

machi様
どうもですぅ。

三枝師匠の独演会とは、羨ましい。
しかも、真ん中!
いーですねー。
笑ってストレス発散。
すばらしいお言葉です。
ハッピーをお届けする三枝師匠。
ただ、『いらっしゃ~い』言うてるダケではなかったか。

あの時の寄席は、怖かったですよぉ。
ストレス溜まりました(TT∇TT)
でも中には、演目そっちのけで
客と直接雑談をする落語家さんとかもいて
面白いっちゃ、面白かったです。

寄席がなくとも、お寿司屋さん等が若手の落語家数名を呼び
低額の落語会を開催するトコとかあります。
落語協会へ直接申込めば
自宅に落語家を呼ぶコトもできます。
どっスか? 

なをさん様
『末広亭の七人』

確かにかっこイイ。
ナニかが浮かびそうです。
ナニかがいま、ワタシの頭の中を走りましたが
そのまま走り去りました。

おっさるとーり、デス。
その日の7人は
帰っちゃダメ?
帰っちゃあ、ダメだろーなー。
帰れるワケねーよなー
と、頑張ってました。

VENUS28様
変ではナイです。
よくよく考えりゃ、おっさるとーりです。
金払ってんのコッチなのに
なぜに気ぃ使ってんだ。
という話です。
その辺りが、日本人らしさがウッカリでたという。

日本芸能は、やはり残しておいて欲しいと思うです。
現在のお笑いも好きですが
アレはお笑いで、落語は話芸ですから。
どちらも無くならず、身近にあって欲しいです。

俺の、俺の、話を聞けぇぇぇぇ~♪状態
とは、ウマイっ!
座布団1枚。
あの時の師匠の、心の叫びが聴こえてくるようです。

えー
些末な猫田のコメントごときに
恐れ多いお褒めの言葉。
あー
走って逃げたあげく崖の上で叫びたくなるので
ほどほど、ってコトで。
コメントするのに
もんの凄く、ハードルが上がってんですケド・・・。

いやいや、こちらこそいつも、ありがとうです恐れ入るです。

(^人^)感謝♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rhinonotuno.blog76.fc2.com/tb.php/988-58ddbb52

Top

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。