サイの角をなめたい

まいにち彫ったりなめたりしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸の変態にならないよう気をつけました


TOPに載せている島ぞうり画像ですが
友人から、妹さんへの結婚祝いとしてオーダー頂いたモノです。

最初、1足のぞうりの左右にお2人の似顔絵を
それぞれ彫るハズだったのデスが
妹さんご本人からご要望がポチポチ、と。

まず、顔を小さくして姿をアリエル(ディズニーのアレ)風に

グッ

片足に全身を入れると
確実に、顔を彫るコトが出来ません(;д;)

じゃあ、2足にしてイイので
旦那はトリトン風に

トリトンって誰だっけ?(アリエルの父親)

上半身だけだと裸の変態になるので
冠と杖は必須で

ググッ

海中にいる風にして亀を入れて欲しい
あとミナミハコフグの幼魚が好きなので入れて欲しい

ミナミハコフグの幼魚ってナンダ???




コレだ。

ググググッッ

ごめんなさい!無理ですぅ~~~
点々は無理ですサイズ的に点々はぁぁぁぁぁ

というような経過を経て、無事出来上がりました。





いや、良かった良かった。

友人の妹さんは
島ぞうりがどいういうモノかご存じなかったため
ピンとこなかったのだと思います。

苦労しましたが
ご要望のおかげで面白いモノが出来たと感じております。

実は、ミナミハコフグの幼魚より難関だったのが
新婦の似顔絵。

消しハンで似顔絵を彫ってた時も思ってはいたのデスが
キレイな人ほど
似せるのが難しい。

キレイというコトは顔面がシンメトリーなワケで
パーツの値も整っている。

つまり、特徴を見出だしにくい。

しかも、実際にお会いしたコトがナク
資料は数枚の写真画像のみ。

似顔絵を描くというのは
その人のパーソナリティをある程度知っていないと
こんなに難しいのか

思い知りました。

別の友人に聞いた話なのデスが
プロの似顔絵師の方が
似顔絵を描いている途中ご本人に話しかけ

好きな食べ物、趣味、仕事、好きな色など

なるべく聞きだすようにしているそう。
その方が的確な似顔絵が出来るのだそうな。

似顔絵をオーダーしてくれた友人に

「似せるのむずかった」

と言ったら

「そーだねー、妹の特徴っていったら
眉毛が薄いコトくらいだもんねー」

いやソレ、化粧してるからわからないから・・・・・。


お2人の出会いのキッカケが
スキューバダイビングだったというコトでのご依頼。

青山でのレストランウェディング
会場に飾って貰えて感激でした。

入口に飾られたぞうりを見た親族の方が

「おー、今回の引き出物はコレかー」

と言って、いきなり履こうとしたそうです。

それって、精巧に見えたってコトですよね!?
嬉しかった❤





建物入口には新郎のお母様作のお2人の似顔絵。
優しい風合いのパステル画でした。

今後お2人でスキューバをする時
履いてくれたら素敵で嬉しい。

ありがとうございました。
おめでとうございます。末長くお幸せに。


青山なんか行ったの何年ブリなんだか
青山様に失礼が無い様化粧しました
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 島ぞうりアートへ
にほんブログ村

そろそろ米粒に写経したいと思います



IMG_20151213_175156.jpg


ひっつき虫マーケットでお隣さまだった
オーダー専門 Cake&sugar art SWEET AM'Sさま

美しさと可愛らしさと美味しさの三位一体
いーとーしさとーせーつなーさとーここぉろぉづよさとぉぉぉ
みたいな
ショーゲッキのスイーツ屋さん

※いや、ネージュとかのその甘みと塩加減
まじヤバでした。やめられないとまらない。

上載、お店のロゴデザインでお菓子パッケージ用
小さめ消しハンのご依頼をいただきました。

あまりに小さめだったため耐久性などかんがみ

ゴム版などプロの方へお願いしたほーが良いのでは

と言ったのデスが
アムズさまおかーさま(パッケージ担当)

「でもね、手彫りのこー、カスリとか雰囲気が、好きで」

そーデスか。わかります。もの、凄く、わかります。
やらせていただきます。猫田、がんばります。


sweetams2.jpg


頑張りました。

店名上のロゴは彫らなくとも良いと言われたのデスが
下書き調整中

おっイケそうな気がすんな

と思う。
ので彫った。
3×4cm。
こんだけこまいと限界にチャレンジ精神でのぞむ。
鋭角線に満足がいかないが
道具的にココが限界かなぁ(/□≦、)

ただ


401.jpg


彫るコトは問題ないのデスが
もっとミクロな刃先があれば
もっとミクロな線が彫れるのに
と、なんかたまらない。

明け方のTV通販で売っている
頭骨装着型拡大鏡に目が奪われました。
※ご年配が本読み時に使うヤツ

一番の心配は
SWEET AM'Sさまにご納得いただけるかどーか
デス。

ご依頼品に自己満足はご禁物( ̄Д ̄;;
はやひや


デザイン性よりこまかさ命❤
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 島ぞうりアートへ
にほんブログ村

名古屋クリエイターズマーケット出展レポ


・・・

遅刻しました。

寝坊して新幹線に乗り遅れました。

・・・

ははは

目覚めてスマホの時計を見た時は己の目が信じられず
そっとスマホを伏せました。
ナンとか開場時間にはギリ間に合ったのデスが
共同出店のみなさまに土下座モンです。

当然、喫茶コンパルの海老フライサンドは食べてません。

ははは


今回のイベントは3組で2ブースを借りての出展でした。


faceoff.jpg


コレはヲカダ&猫田のフェイスヲフコーナー。


faceoffkutusita.jpg


新作の靴下もございます。


staccato.jpg


こちらは布小物作家staccato(すたっかーと)さんのコーナー。
らぶりーグッズ満載爛漫。


キツネポーチ


キツネポーチとかめっさかわええ
そりゃそーだぁの大盛況・大人気。


メメット


こちらは革作家メメットさん
ハイクォリティでマーベラス。
全て手縫いというから驚きデス。


メメット2


チロルチョコ専用ケースwww
チロルチョコしか入れません。
お客様に時折

「コインは入らないんですか?」

と聞かれるそうですが
チロルのために作ったのに、なぜにコインを入れようとする!
理解しがたいそうです。
全くその通りだと思います。だってチロルケースだから。

輪っかの部分はスナップボタンで外せますので
腕にベルトに鞄に弁当箱に足首にと付けられ
いつでもどこでもどんな時もチロルと共にいられます。
安心ですね!


sunaba.jpg


そしてコレはすなば珈琲。
フードコートにありました。
日本で唯一スタバが無かった国、鳥取県の珈琲チェーン。
とうとうスタバが上陸した際

スタバのレシートを持参すればブレンドコーヒーを半額で提供
スタバよりおいしくなければ無料にする

という
まさかの他人の土俵キャンペーンをブチこんだ店。
名古屋で飲めて嬉しかった。
あ、美味しかったデス。

合同出展は初の試みだったのデスが
いーデスねー。ナイスでしたねー。
消しゴムはんこでイベント出てた時はなんつっても独りだったので
ミニブースで極小だし、ブース空けられないので他をゆっくり見られない。
見てましたケド。

合同だと、ブース広くて動きやすいは
誰か1人いりゃあいーダロと動き回れるは。

その代りみんなトイレが長い長い。
トイレまでの道のりでみっちりよそさまにひっかかる。
帰って来ない。

全体のざっくりした印象を申し述べますと

・東京でのデザフェスを小規模にした感じ
・アクセサリーはやはり強い
・帽子屋が増えた
・消しハンは減った

って塩梅かなぁ。

布はアクセサリーに勝てない

と、staccatoさんが言ってました。
雑貨屋ヲカダくんは

アクセサリーは厳しい

と、言ってました。
コレは、売れる分競争が激しく
流行があるため作家性を失いがち
というコトらしいデス。
なるほどなぁ。

そこで猫田の戦利品。


せんりひん


流行関係ナシ。

えーまずはstaccatoさんのポーチ。
コレなにが凄いって、モデルの鳥がいるのが凄い。
キューバにしかいない、『小人鳥(コビトドリ)』さんがそのモデル。
めっちゃかわええ鳥です。
みなさん検索しましょう。
staccatoさん

「一度は見に行こうと思ってるんデス」

小人を求めてキューバへ渡航。ナンダかめるへん。

そして目玉なバレッタ。
アイライン手描き。
これを作った作家さんの他の作品が(閲覧注意)


namename.jpg


めっさナメクジわっさナメクジもっさナメクジ。
マグネットです。
この作家さん買うとオマケをくれまして


omakenotiroru.jpg


オリジナルチロル。
すかさずチロルケースにインしてみる。
チョコの人
と覚えて貰えて大変良いとおっさってました。
素敵アイデアです真似しよう。

最後にもちろんチロルケース。
消しハンとブツブツ交換しました。原価違うケド。

チロル専用ケースなのは重々理解するトコロなのですが


tiroruzabi.jpg


ザビエルも案外イケましたよ、メメットさん。

猫田自身の売り上げは
しょーじきあかんといったトコロですが
楽しかったのでいいのデス。

新幹線乗るのもイベント出るのもお客様に見ていただくのも
作家さんの作品を見て回るのも仲間と一緒にいるのも
高円寺に帰ってクルのもみな楽し。

打ち上げは台湾ラーメン発祥の地『味仙』。


1449941983927.jpg


手羽先もウマウマ
それではみなさま


1449941848597 (2)


お疲れさまっしたっ!!


ブースに足をとめて下さった方
お買い上げいただいた方
1日一緒にいてくれたみんな
そしてブログを読んで下さっている
あなた様ありがとうございます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 島ぞうりアートへ
にほんブログ村

明日は名古屋クリエイターズマーケット☆


明日12/12(土)は朝6時の新幹線に乗り
名古屋へと赴きます。
↓こちらのイベントに出展するためです。

名古屋クリエイターズマーケット
開催日 2015年12月12日(土)、12月13日(日)
開催時間 11:00~18:00
開催会場 ポートメッセなごや3+2号館
入場料 前売1日券750円/2日券1,300円
       当日券900円
(小学生以下/大人1人につき2名まで無料)

猫田は12日(土)のみの出展
ブース:3号館NO.55.56「スタカとメメとフェイスヲフ」
  布モノ作家「staccato」さん、革作家「メメット」さん、
  彫り縫いユニット「フェイスヲフ」(ヲカダと猫田)の3組の合同出展です。

名古屋クリエイターズマーケットは2度目の参加
前回の様子はこちらから

※つたないマンガで名古屋放浪記を描いてます。
内容は、飯がうまかった、ソレだけです。

2週続きのイベント出展。
この切羽詰まった時に猫田がナニをしておるかといえば


zabi5.jpg


ザビエル彫ってます。

コレは売りブツではありませんで
作りモノの素材にするため、同志ヲカダへ渡す分です。

で、それを彫り終わり
ナニをしているかと言うと


zabinenngajou.jpg


やっぱりザビエル彫ってます。

しかしナンダロウ。

迎える春



迎え撃つ

に見える。

ザビッとのんきに準備中ですが
実は、心配ゴトがひとつあります。
それは

名古屋の喫茶コンパルにて

エビフライサンド

を食べる時間があるかどうか

デス。

エスカ(地下街)にありゃいーんだけどメイチカ(地下街)結構わかりにくかったんだよなぁ持ち帰りかなぁ持ち帰りなら千寿の天むすもいいがあそこは近鉄(地下改札前)だから朝早くはやってナイかでもやっぱ作りたてのエビサンドフライが・・・

といった感じに心配デス。
本気デス。


ナニしに行くんだか
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 島ぞうりアートへ
にほんブログ村

1+1=∞



roft2.jpg



ワタクシは

『猫田ぼーいち』

として島ぞうり作ったり消しゴムはんこ作ったりしておりますが

もひとつ

『フェイスヲフ』

として作品を作っています。
同志ヲカダとの彫り縫いユニット、デス。

同志ヲカダは、京都で『kemonoss』という雑貨屋さんを営みつつ
パッチワーク靴などを制作している作家さんデス。

猫田がOSAKAアート&てづくりバザールというイベントに出た際
初めて会いました。
その時の模様はこちら
その後、なんのかのありましてめでたくマブダチになりまして
現在、京都⇔東京間遠距離友情続行中なのデスが

ある時浅草のもんじゃ焼き屋で

「2人でなんか作ろう!」

で、現在に至る、と。

肝心の作りモノと致しましては
冒頭の写真のように
猫田が彫ったザビエル消しハンを靴下に捺し


kutusita4-1.jpg


ヲカダくんが刺繍をし


kutusita3-1.jpg


ロゴハンコ作りは猫田ですが捺してるのはヲカダ
そのヲカダくんがさらにパッケージを作り


kutusita-1.jpg


もっとさらにヲカダくんが裏面シールまで作る。

明らかにヲカダくん側の労働力が過重ですが
この靴下はシリーズ化してまして
ザビちゃんのパーティの他に

・ザビちゃんの一芸
・音楽ザビちゃん
・ザビちゃんの決心
・ザビちゃんの旅
・ザビちゃん危機一髪!

などありますが最後のは無かったかも知れナイ。
ヲカダくんまかせで把握してナイ。

結構人気デス。

そのほか


kinngyo-1.jpg


猫田が金魚を数種彫り布に捺しまくり


kingyokutu-1.jpg


ヲカダくんがその布を使い
靴にパッチワーク。
このパッチ布の色使いがヲカダセンス。


kabuki-1.jpg


見えにくいのですが
歌舞伎のくまどりを数種彫って捺したモノを使用。
この配色とかも、イーと思うんですよねぇ。
和柄なんですが
アジアンなスタイルにも合う感じデス。

猫田は色のセンスがナイので
完全なるヲカダセンスです。素晴らしひ。

コラボ靴にはその他

・ライト兄弟靴
・芝生のザビエル靴
・サタデーナイトフィーバー靴

などあります。

ヲカダくん単独の靴は


zebra-1.jpg


こんな感じでヲカダセンスでゼブラだシマシマ瞳がラブリィ❤

島ぞうりもそうですが
なんといっても履物なので
サイズが合わない場合はオーダーも承ったりしちゃっています。

「なんか面白いコトやろう!!」

という熱い思いを
熱いもんじゃ焼きの鉄板の前で
熱く語り
始めました。

今後、楽しいコトとモノを作っていくつもりデス。

フェイスヲフ

よろしくお願いしますデス。


tagu-1.jpg


ユニット名の由来はあの映画デス
そして己の似顔絵は3割増で書いてマス
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 島ぞうりアートへ
にほんブログ村

« Prev|Top|Next »

HOME

猫田ぼーいち

Author:猫田ぼーいち
東京モノのぬるいモノです
島ぞうりに消しゴムはんこその他ざびえるざびえるざびえるざびえるしています
since2009.7.22

名前:
メール:
件名:
本文:

kutusita3-1.jpg

ヲカダと猫田の店
”フェイスヲフ”と申します。”おふ”ではございません。”をふ”とご記憶下さい。同志ヲカダとイベントでたり靴作ったり靴下作ったりしております。ヨロシクお願い致しますデス。

secom.jpg

なんか哀しいセ○ム

fuku.jpg

みんなしてコッチみとる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。